健康

豆乳の効果的な飲む時間は?目的に合わせて飲む時間が違う!

豆乳 効果 美肌 ダイエット 手作り 自家製 便秘 メーカー

豆乳を飲む目的

豆乳の効果は様々あり、それに合わせて飲む時間を調整するとより効果的になります。

あなたに合った豆乳の飲む時間を見つけてみてください♪

ダイエット目的なら食前

豆乳 時間 効果 ダイエット

ダイエット目的で豆乳を飲むなら食事の前がオススメです。食事前に飲むことで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎの防止になります。

豆乳に含まれる大豆サポニンには、脂質・糖質の吸収を抑え、満腹中枢を刺激する効果があります。食事前の豆乳一杯は、食べすぎの予防となります。ダイエットを意識している方にオススメです。また、豆乳は低カロリーで栄養価が高いため、小腹が空いたときにもオススメです。

豆乳に含まれる三大栄養素の一つであるタンパク質は、筋肉の源になる栄養素として有名です。スポーツ選手もよくタンパク質を摂取してますよね。ダイエットの基本となる筋肉量が増えることで、運動代謝が上がり脂肪の燃焼効果が期待できます。

便秘・お通じが気になるなら朝or起床後

豆乳 時間 効果 便秘

起床したらまず豆乳を一杯!という方もいると思います。

豆乳に含まれる
大豆イソフラボン
オリゴ糖
マグネシウム
など

には、整腸作用があり、排便効果が期待できます。

私たちの身体は朝に排泄に向けて動き始めているため、豆乳を飲むことは便秘解消の期待ができます。また、朝起きてすぐの何も摂取していない状態での飲食は、栄養素の吸収率が通常よりも高くなっています。起床後すぐの豆乳は、栄養素をより効率的に摂取することができます。

美肌効果なら夜寝る前

豆乳 時間 効果 美肌 

寝ている間、私たちの身体では脂肪の燃焼や肌の細胞回復が行われています。

成長ホルモンが最も活発になるのが就寝中であり、22~2時頃はとくに活発になります。

豆乳に含まれている大豆イソフラボンには、体内の脂肪を分解する作用や肌の細胞を活性化する働きがあり、また豆乳に含まれるビタミン類や大豆サポニンには、肌の新陳代謝を促す作用や保湿作用が期待できるため、就寝前に飲む豆乳は美肌効果を促します。

豆乳は温めても栄養価が下がらないので、夜は少し温めて飲むのも良いかもしれません。

豆乳を飲んで寝ると、寝ている間に豆乳に含まれる栄養素が働き、朝起きたときに肌にハリが出て
朝起きた時の肌を実感してみてください♪

※寝る前に豆乳を飲む場合は胃腸への負担や睡眠の質のことも考えて、寝る直前ではなく1時間前を目安に豆乳を飲みましょう。

豆乳を控えた方が良い方

生理中は、豆乳の摂取を控えた方がよいです。

豆乳に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきがあります。

生理中にエストロゲンの分泌が盛んに行われてしまうと、ホルモンバランスを
崩してしまい生理周期に影響がでてしまう可能性があります。

豆乳の効果的な量は200ml

豆乳アレンジレシピ①

豆乳を飲む量は、1日あたり200mlが良いとされています。

主な理由は、
イソフラボンの過剰摂取により女性ホルモンのバランスが崩れ、女性は月経周期の乱れや子宮内膜増殖症などを引き起こしてしまう恐れがあるためです。

男性も豆乳を飲み過ぎると、男性ホルモンより女性ホルモンの量が増えてしまうことがあります。
特に若い方は受精能力に影響する可能性があるため、飲み過ぎには気をつける必要があります。

健康を意識して飲むのであればこれがオススメ

【家で作れる】豆乳メーカーでダイエット・便秘・美肌効果♪

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

よく読まれるおすすめの記事

ランキングtest1

-健康
-, , ,

© 2022 mental-recovery.site Powered by AFFINGER5